FC2ブログ

新潟柏崎の地酒 越の誉 マスコミ掲載情報

たくさんの反響ありがとうございます!越の誉(こしのほまれ)がマスコミに掲載されました。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

新潟日報に和醸蔵「石黒杜氏」の記事掲載

IMG_8570.jpg

11月3日(日)の新潟日報経済面
サンデー経済のコーナーで

「いまを醸す越後杜氏--新潟清酒学校30年の宝」

という特集で、第1回は、弊社の石黒芳和杜氏が紹介されました。

石黒杜氏は新潟清酒学校の記念すべき第1期生、
清酒学校卒業後に活躍する杜氏約40名のうちの一人です。

新潟清酒学校時の思い出や
卒業からこれまでの蔵での活躍が

「日本一の酒目指す」
「経験生かし米作り追求」

というかっこいい見出しで紹介されております。

記事では弊社の米作りについて、石黒杜氏が力を入れ主に推進してきた
(北陸研究センターと共同開発)
越の誉オリジナルの新品種の酒米「越神楽」のことについても
紹介していただきました。

記事特集は、
フリーの編集・ライターとして観光や新潟の食・日本酒関係の
出版物を手がける高橋真理子さんにより書かれております。

 Web担当 なぐも
スポンサーサイト



| 造りのこと | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

10月1日の日経MJに「楽風舞」が掲載されました

\2012_10_01日経MJ記事 楽風米

10月1日(月)の日経流通新聞
「フードビジネス・食材最前鮮(←鮮度の鮮です)のコーナーに
酒米の楽風舞(らくふうまい)のことが掲載されました。

楽風舞は、農研機構・中央農業総合研究センター北陸研究センターと
弊社で共同開発した酒造用米で、
「どんとこい」という品種と
酒米で有名な「五百万石」の交配で誕生した新品種です。

このたびデビューした「楽風舞」
弊社原酒造ともう一社、
沖縄県の泡盛を製造している瑞穂酒造の2社で使用しています。
清酒だけでなく泡盛にも適している品種なのです。

記事の中でインタビューを受けた石黒製造課長は
「地元の原料にこだわりながら、新しい酒造りに挑戦したかった。」
と熱く語っております。

楽風舞で造った日本酒は淡麗で軽やかな酒質が特徴、
その特徴を生かし、「銀の翼 特別本醸造」という銘柄で
製造販売しています。

銀の翼ブランドは柏崎刈羽地域限定販売のレアなお酒。
銀の翼 特別本醸造 720 1800ml

お買い求めは、柏崎刈羽地域限定販売「銀の翼」加盟店へどうぞ。

**************************************************

越の誉 新酒まつり2012 10月14日(日)開催

IMG_0941.jpg IMG_0938.jpg IMG_0927.jpg

越の誉オンラインショップ  
http://homare.ir.shopserve.jp/

全国の皆様においしいお酒「越の誉」を蔵元よりお届けします。

**************************************************

| 造りのこと | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新潟日報に全国新酒鑑評会の記事が掲載されました Part2


☆★☆★ 原酒造からのお知らせ ★☆★☆
日時:えんま市 6月14日(火)・15(水)・16(木)
場所:柏崎市民プラザ前広場
【発泡性純米酒あわっしゅ】大試飲会
あわっしゅえんま市試飲会
やりますよ!あそびにきてね★ミ


6月8日(金)の新潟日報 県内経済面に
全国新酒鑑評会のことが掲載されていました。

【経済スコープ】
記事冒頭では、新潟県の酒造の歴史に触れ
全国新酒鑑評会が100回をむかえる節目の年、
新潟県は金賞受賞率が全国トップの24点。
そして「過去20年 圧巻の首位14回」として
日本酒王国新潟を裏付ける軌跡が
新潟淡麗の酒質を語るとともに
詳しく掘り下げている記事内容となっています。

日本酒、特に新潟県の日本酒に興味のある方には
とても興味深い内容となっています。
ぜひご一読ください。

今夜飲む新潟の清酒、また一段と奥深い味わいになりますよ!

新潟日報全国新酒鑑評会記事

過去10年間の金賞受賞回数に
原酒造が6回受賞でランクインしています↓
新潟日報全国新酒鑑評会記事 原酒造ランクイン

| 造りのこと | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新潟日報に全国新酒鑑評会の記事が掲載されました。



★原酒造からのお知らせ★

日時:えんま市 6月14日(火)・15(水)・16(木)

場所:市民プラザ前広場

【発泡性純米酒あわっしゅ】

大試飲会


あわっしゅえんま市試飲会
やりますよ!あそびにきてね★ミ




昨日、5月30日の新潟日報に
全国新酒鑑評会審査結果のことが掲載されました。

記事は、新潟県内の酒蔵が全国で最多の
24蔵が金賞を受賞したこと、
受賞蔵の社名と銘柄が発表されています。

その中に原酒造「越の誉 清澄蔵」と「越の誉 和醸蔵」の
2場も入っております。

新潟県醸造試験場の渡辺場長は、記事中で
「本県の酒造会社同士が結束し
勉強会や技術交換で技術を磨いてきた結果」とお話されています。

2012_05_30新潟日報全国鑑評会記事

この全国新酒鑑評会に実際に出品した大吟醸酒
本数限定で販売する予定です。
オンラインショップでもご予約承ります↓

【越の誉 大吟醸 平成24年金賞受賞酒】 

全国新酒鑑評会 金賞受賞酒
発売日:6月11日(月)
容量:720ml
価格:5,250円
出品酒規格の大吟醸酒ですので販売本数に限りがございます。
お早目のご注文をお願い致します。

新潟の酒で乾杯!

| 造りのこと | 11:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

越の誉 平野保夫杜氏 第1位!!!

上越・妙高・柏崎3市の杜氏が熟練の腕を競い合う
上越地区酒造研究会主催の清酒品評会にて

「越の誉」平野保夫杜氏が
第1位になりました!


そのことが4月25日(水)の新潟日報に掲載されました。

15ページの上越・長岡の面

上越品評会 越の誉平野杜氏第1位 新潟日報記事

上越品評会 平野杜氏 第1位

審査結果が上位5位まで発表されています。

第1位 越の誉(清澄蔵、平野保夫)
そして、
第5位に 越の誉(和醸蔵、石黒芳和)と

好成績をおさめることができました。

当蔵の酒造り、蔵人のチーム力とともに
これからもっと磨いていきます!ピカピカッ

| 造りのこと | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>